靴の臭い対策

雨の日の足の臭い対策はこれ!

更新日:

d6847c1cf73de779eb1046528e9272d4_s

 

足のイヤ~な臭いは普段足裏にかく汗によって靴がムレてしまうことが原因です。ただ、雨の日はもっと最悪で、雨に濡れて足の臭いがキツくなってしまうというのは誰しもが経験したことがあると思います。ただ、靴を濡れたまま放置しているとニオイは悪化して最悪の状態となってしまう恐れがあります。

雨の日に足の臭いが気になるのはなぜ?

靴がムレてしまう

雨の日に足が臭くなってしまう主な原因は靴がムレてしまうことです。普段汗によって靴の中がムレて、雑菌やバクテリアが繁殖してしまうことが足の臭いにつながります。

 

特に湿っていると雑菌にとっては絶好の環境となるので、雨で濡れてしまった靴を放っておくとどんどん臭くなってしまうんです。最悪の場合はカビが生えることもあります。

靴が濡れることによって、靴が臭くなってしまうだけでなく、靴の色が落ちてしまったり、傷みやすくなってしまいます。

 

雨に含まれる不純物

雨によって靴が臭くなってしまう理由には実はもう一つあります。それは雨に含まれる不純物です。雨は純粋な水ではなく、大気中の汚れや塵、埃なども含まれています。この不純物は雑菌やバクテリアのエサになってしまうので、さらに雑菌が繁殖してしまう条件がそろってしまうのです。

なので、洗える靴であれば洗ったほうがベターです。

雨の日の靴の臭い対策

雨の日に帰ってから少しめんどくさいですが、放置せずに適切なケアを行ってあげることが大切です。

 

  1. 泥が付いてしまっている場合はまず新聞紙などで泥を落とします。
  2. 次に乾いたタオルで靴の周りや靴の中に染み込んでしまった水気を拭き取りましょう。これをやるのとやらないのでは乾くスピードが違ってきます。
  3. 中敷きが外れる場合は外して、新聞紙や重曹などを靴の中に詰めて水分を取り、その状態で陰干しします。お風呂の乾燥機などがあれば便利です。(※ただし、新聞紙のインクが移ってしまうような素材のものは注意しましょう。)

 

これでも1日では乾きません。梅雨の時期などはツライですが、できるだけ同じ靴を連続で履かないようにローテーションすることも足の臭い対策としては重要です。

 

どうしても早く乾かしたいときなどにはドライヤーを使うという方法もありますが、型崩れしてしまう可能性もあるので、お気に入りの靴では避け、あくまでも最終手段として使うのが得策です。

 

殺菌で消臭

靴を乾燥させるだけでなく、菌を殺菌しておくことも大事で、簡単な方法としてはミョウバンスプレーを作っておくと便利です。

>>ミョウバンスプレーの作り方はこちら

 

また、雨の前に靴に防水スプレーを使っておくと、ずぶ濡れ防止につながります。

 

靴だけ消臭しても足のニオイは消えません。そこで足の消臭としては殺菌効果のある専用のデオドラントクリームを使うことでかなり改善することができます。

>>足の臭いに効果的なデオドラントクリームはこちら

まとめ

以上が雨の日の足の臭い対策となります。梅雨の時期は足の強烈な臭いに悩まされる季節でもあります。靴をスムーズに乾燥させて消臭スプレーを使うことで菌の繁殖を抑え、足元も同様に消臭するなど適切なケアを怠らずに行っていくことで臭いの悩みを解決していきましょう。

注目記事

1

女性から男性まで多くの人が抱える悩みである「足の臭い」ですが、対処法としては、 クリーム スプレー 足拭きシート 石鹸 粉 重曹やミョウバンを使ったケア 消臭インソール、靴下 などなどたくさんあります ...

靴 2

  足の臭いを改善するためには、足に繁殖した雑菌を殺菌したり、靴を消臭したりする必要がありますが、他にも中敷き(インソール)を使うことで足の強烈な臭いを和らげることもできます。 インソールは ...

固形石鹸 3

  足の臭い対策としては、雑菌の繁殖をいかに抑えるかがカギとなります。出先では消臭クリームや消臭インソールなどを使うことで菌の増殖を抑えて臭いを防ぐことができますが、自宅でのケアとしては、石 ...

-靴の臭い対策

Copyright© 足の臭い解消ラボ , 2018 All Rights Reserved.