足の臭い対策

ミョウバンで足の臭いを消す方法 !

更新日:

51sJa0kF5pL

 

数ある足の臭い対策法の中でも、「ミョウバン」を使った方法というのはかなりメジャーで、ミョウバンはアルム石としてよく市販の消臭スプレーやワキガ対策のためのデオドラント商品などにも含まれている成分でもあります。ここでは、そんなミョウバンの効果とミョウバン水の作り方などをご紹介していきます。

ミョウバンの効果とは?

ミョウバンとは、硫酸カリウムアルミニウム十二水和物のことで、よく食品添加物としても使われています。臭いケアとしては、重曹が有名ですが、ミョウバンは重曹とは違ったメカニズムで消臭してくれます。

 

菌の繁殖を抑える

足の裏からは大量の汗が出て、その汗を雑菌やバクテリアが分解することによって悪臭となります。ミョウバンには制菌力があり、菌の繁殖を邪魔することで、臭いを抑えることができます。

 

ニオイの原因を中和して消す

重曹が弱アルカリ性なのに対し、ミョウバンは水に溶けると酸性となります。足の臭いがイソ吉草酸などの場合は重曹によって中和できますが、ミョウバンはアンモニアのようなアルカリ性の臭い物質を中和することができるため、重曹では効かなかった悪臭がミョウバンで改善できるという可能性もあります。

 

制汗力

さらにミョウバンには、臭いの元である汗を抑える効果もあるとされています。菌だけでなく汗を抑えることができるためダブルで臭い対策ができるのです。

 

このミョウバンの優れた効果から、足だけでなく、靴や玄関、トイレの消臭に使うことも可能です。

ミョウバン水の作り方

ミョウバンスプレーは市販のものもありますが、自宅で作ることもできます。ミョウバンはスーパーやドラッグストアなどでも数百円で買うことができます。

 

  1. ミョウバンと水を用意します(この場合ミネラルウォーターより塩素の入っている水道水の方がベターです)。
  2. 水1.5 Lに対してミョウバン10 gを加えます。スプレー容器に入れて使うなら水750 mlとミョウバン5 g程度のスケールがいいでしょう。
  3. ボトルにフタをしてよく振ります。
  4. 最初、溶液が白い状態ですが、透明になりミョウバンが溶けきれば完成です。一晩~3日かかる場合があります。

 

アレンジとして、ミョウバン水の中にお好みでエッセンシャルオイルやレモン汁、ハッカ油などを加えるのもオススメです。

このスプレーを臭いの気になる足に直接ふりかけたり、靴や靴下に使いましょう。

※作ったミョウバン水はできるだけ1ヶ月以内に使い切り、肌が弱い方は注意して合わないと感じたら使用をやめましょう。また、小さなお子様がいる場合は注意して、間違って飲んでしまわないようにボトルにラベルなどを貼っておきましょう。

確かに便利だけど。。。

ミョウバンスプレーは持ち運びできたり、重曹で消えなかった臭いが消える可能性もありますが、毎回作るのは意外と手間だったりします。

 

ミョウバンや重曹などで効果を感じることができなかった場合や作る手間を省きたいという方は、制汗力も殺菌力もあり、より効果を期待できるデオドラントクリームなどがオススメです。

>>足の臭いに効果的なデオドラントクリームはこちら

まとめ

以上がミョウバンを使って足の臭いを消す方法 となります。ミョウバン水はコストがあまりかからない便利な方法で、重曹で効かなかった臭いにも試してみる価値はあります。

ただ、個人的により効果を実感できて、作る手間もないデオドラントクリームをおすすめします。

注目記事

1

女性から男性まで多くの人が抱える悩みである「足の臭い」ですが、対処法としては、 クリーム スプレー 足拭きシート 石鹸 粉 重曹やミョウバンを使ったケア 消臭インソール、靴下 などなどたくさんあります ...

靴 2

  足の臭いを改善するためには、足に繁殖した雑菌を殺菌したり、靴を消臭したりする必要がありますが、他にも中敷き(インソール)を使うことで足の強烈な臭いを和らげることもできます。 インソールは ...

固形石鹸 3

  足の臭い対策としては、雑菌の繁殖をいかに抑えるかがカギとなります。出先では消臭クリームや消臭インソールなどを使うことで菌の増殖を抑えて臭いを防ぐことができますが、自宅でのケアとしては、石 ...

-足の臭い対策

Copyright© 足の臭い解消ラボ , 2018 All Rights Reserved.