靴の臭い対策

スニーカーの足の臭い対策はこれ!

更新日:

足の臭いのスニーカー

 

様々な場面で活躍してくれて便利なスニーカーですが、使っているうちに足の臭いが強烈になってしまうということがよくあります。

靴のニオイ対策としては、ファブリーズを使ったり、10円玉を入れておくなどの方法がよくありますが、臭いが強いとそれだけでは効き目がないこともあります。

ただでさえ蒸れやすい構造のスニーカーなので、長時間使っていると臭いが気になってしまうのは仕方のないことです。

ここでは、そんなスニーカーの足の臭いを解消するための方法をご紹介します。

スニーカーは臭くなりやすい?

スニーカー

 

スニーカーを履くと足の臭いが気になってしまう原因はズバリ蒸れです。

 

靴の中でも特にスニーカーやブーツは蒸れやすい構造となっています。足の温度がこもってしまいやすく、靴の中が蒸れてしまうことで雑菌が繁殖してしまうのです。

 

特にスニーカーを履いて歩き回ったときや夏場は汗をたくさんかいてしまうことで、周りの人が鼻をつまんでしまうほどの強い臭いを放ってしまうことにもなりかねないため、適切なケアをしておく必要があるのです。

スニーカーの臭いの取り方

スニーカー

 

スニーカーは革靴などとは違い、自宅で気軽に洗うことができる靴なので、汚れてきたら洗うことで臭いが改善されたり、重曹を使うことで臭いを抑えることができます。

 

スニーカーの洗い方

スニーカーを洗う時には、ニオイ成分を中和してくれる重曹や殺菌効果のある酸素系漂白剤、固形石鹸などを使うのがおすすめです。

 

洗い方の手順としては次のようになります。

  1. 靴の中敷を外せる場合は外します
  2. 全体の目立つ汚れをブラシなどを使って落とす
  3. 36℃程度のぬるま湯をバケツなどに入れ、そこに酸素系漂白剤を適量加えます
  4. その中にスニーカーを浸して1時間~2時間放置します
  5. 靴を取り出して水ですすいで漂白剤をしっかりと落とします
  6. 最後に風通しのいい日陰でスニーカーを干す(乾かす際に靴に新聞紙を入れたり、コインランドリーの乾燥を使うと早く乾きます)

 

※素材によっては洗うことで劣化してしまうため、事前に素材を確認しておきましょう。

 

重曹を使って臭いを抑える方法

実際水洗いを定期的にするのはなかなか大変で、時間も結構かかってしまいます。そこで、手っ取り早くスニーカーを消臭したい場合は、重曹を使います。

 

重曹をお湯に溶かして靴を浸したり、重曹の粉を使い古した靴下などに入れて靴に入れておくことで消臭・除湿の効果を発揮してくれます。

>>重曹の使い方の詳細はこちら

足の臭い対策

足の臭いを対策するには、スニーカーを洗う以外にも、

  • 消臭効果のあるインソールや靴下を使う
  • 連続で同じスニーカーを履かないようにする
  • 靴を脱いだあとは乾燥剤などを使ってできるだけ乾燥させる
  • デオドラント剤を使って足自体の臭いを消す
  • 足の角質をケアする

といったことが効果的です。

特にデオドラントクリームを足に直接塗ることで臭いをかなり改善することができます。

>>消臭効果のある中敷についてはこちら

>>足の臭いを消すためのデオドラントクリームはこちら

まとめ

スニーカーは靴の中でも蒸れやすい構造となっていて、スニーカーを履いて歩き回ったり、暑い日に履くと汗をかくことで臭いがかなり強烈になってしまうことがよくあります。

臭いを防ぐためには適切な対処を行う必要があり、スニーカーを定期的に洗ったり、洗うのが難しい時は重曹を使ったり、足元をケアすることでイヤな臭いを解消していきましょう。

注目記事

1

女性から男性まで多くの人が抱える悩みである「足の臭い」ですが、対処法としては、 クリーム スプレー 足拭きシート 石鹸 粉 重曹やミョウバンを使ったケア 消臭インソール、靴下 などなどたくさんあります ...

靴 2

  足の臭いを改善するためには、足に繁殖した雑菌を殺菌したり、靴を消臭したりする必要がありますが、他にも中敷き(インソール)を使うことで足の強烈な臭いを和らげることもできます。 インソールは ...

固形石鹸 3

  足の臭い対策としては、雑菌の繁殖をいかに抑えるかがカギとなります。出先では消臭クリームや消臭インソールなどを使うことで菌の増殖を抑えて臭いを防ぐことができますが、自宅でのケアとしては、石 ...

-靴の臭い対策

Copyright© 足の臭い解消ラボ , 2018 All Rights Reserved.